一般財団ザ・ブラフ・クリニックは150年間の横浜の外国人コミュニティーによって経営されていた診療所と病院への歴史をたどります。当財団は横浜山手で医科と歯科診療所を英語と日本語でサービスを提供しています。 また当財団は、神奈川県で様々な適切な公益プログラムをサポート、そして提供します。 私達は期間を限定し救急用具箱(包帯、はさみ、ピンセット、綿棒、マスク、温度計、応急手当テープなど)を神奈川県内に所在する非営利目的の小中学校限定に寄贈します。資金援助等審査委員会で応募校を選考します。もしこれ以外の救急用具の提案がありましたら考慮の為詳細を提供して下さい。申し込みはこちら!

2.多国語による医学小冊子

当法人の作成する小冊子は外国人が日本の病院を利用するために必要な事項を記載、また病気の症状を日本人医療スタッフに伝えるためのコミュニケーションのアイテムとして便利で携帯できる小冊子をいくつかの言語で作成します。これらをインターナショナルスクール、公益法人、教会等、情報を必要とする企業への配布を行っています。

3.地域健康・医療関連のパンフレット

季節ごとにその季節における病気や健康トラブルの対象方法を記載するなど、様々な健康・医療関連の情報を記載したパンフレットを作製し地域施設やコミュニティーに配布します。

4.ファーストエイドトレーニング

救急処置トレーニングを行う又は活動資金の支援をします。素人に医療緊急処置のトレーニングを教える目的です。

5.非営利的な医学組織への寄贈

日本の有資格の非営利的な医学組織への寄贈。